環境試験サービス

2019年08月01日

環境試験(蒸気・恒温槽)試験請負サービス


・環境試験設備(蒸気曝露・恒温槽試験)の請負・設備貸出。24H連続対応可能。環境試験受託サービスを実施しています。
・各種供試体(機械や装置部品)の性能試験や信頼性・耐久・LOCA試験にご使用いただけます。
・お客様ご希望の試験配管や試験用のユニットなどの設計もご希望により承ります。

蒸気試験

三浦工業製貫流蒸気ボイラーやサムソン製小型蒸気ボイラーを使用し、お客様のニーズに合わせた蒸気曝露試験(環境試験受託)を承ります。


1飽和蒸気…  最大圧力(1.54MPa) 最高温度(200℃)の飽和蒸気
2過熱蒸気…  最大500℃の過熱蒸気(スチームヒーターを使用)

継続時間
3交代監視シフトを組み24間連続試験も実施可能。

オプション(試験配管等設計・製作)
試験体に合わせた試験BOXや配管も設計/製作をいたします。

三浦工業製AI-100016H

 

蒸気試験:実施例

試験例 ①:電気部品の蒸気暴露試験を実施


電気部品の蒸気暴露試験(連続183時間)耐久試験の試験を実施しました。試験BOXや周辺機器など、各種設計と製作も実施しました。 

流体 過熱蒸気
圧力 7.8KPa
温度 178℃
時間 183時間連続
試験筐体 弊社製作
 
試験例 ②:機械部品シート材の蒸気暴露試験
機械部品シート材の蒸気暴露(耐久)試験(過熱蒸気225℃|連続268時間)を実施しました。試験BOXや周辺機器などの設計と製作も行いました。
流体 過熱蒸気
圧力 0.94MPa
温度 225℃
時間 268時間連続
試験筐体 弊社製作


試験例 ③:機械部品の蒸気暴露試験


機械部品の蒸気暴露(耐久)試験(過熱蒸気250℃|連続350時間)を実施しました。

流体 過熱蒸気
圧力 1.54MPa
温度 250℃
時間 350時間連続
試験筐体 弊社製作

恒温槽試験

エスペック製恒温槽を使い、お客様のニーズに合わせた環境試験受託(恒温試験)を承ります。


蒸気試験と合わせて、恒温槽での試験設備貸出・試験請負も可能です。低温試験、高温試験、恒温湿試験など信頼性/評価試験が可能です。恒温槽単体でのご使用もお気軽にお問い合わせ下さい。

調温調湿方式  : 平衡調温調湿方式(BTHCシステム)
温度範囲    : -40℃ ~ 100℃ / 75%rhまで
湿度範囲    : 20% ~ 98%rh
温湿度変動幅  : ±0.3℃/±2.5%rh
室内寸法    : W500mm×H750mm×D600mm

エスペック製PL-2J
 恒温槽受託試験は、時期により受託出来ない場合があります。詳細は別途お問い合わせください。

試験場所

神奈川県および東京都内弊社関連工場にて実施します。


FAQ

短期間の試験でも大丈夫ですか?
1時間単位で承りますので短期試験でも問題はありません。
試験体の大きさに制限はありますか?
ボイラー室に設置できるスペースは、最大1.8m×1.8mとなります。
標準で用意している試験BOXはありますか?
無償で貸し出せる試験BOXを対象各種用意しています。
ヒートサイクル試験も可能ですか?
自動制御での、温度変化(蒸気暴露、水での冷却、乾燥工程等)を、設定したヒートサイクル試験も可能です。
その他の複合試験も可能ですか?
ご要望に応じて、作動耐久試験や温水/浸漬試験、流量測定試験の受託もしております。蒸気暴露やヒートサイクル試験と組み合わせることも可能です。
試験方法について相談は可能ですか?
過去の蒸気暴露試験の実績や試験配管/設計や暴露時間と加速試験についての事例が多数ございます。
可能な範囲で有効な試験についてご相談させていただきます。是非お気軽に、ご相談頂ければと思います。
費用はどのくらいかかりますか?
試験内容や期間によって異なりますので、まずは【HP問い合わせ先】へお問い合わせください。

対象業界

原子力、素材、産業機械、食品機械、医薬等 

・原子力用のバルブの製造しており、常時蒸気試験等を実施しています。
・厳しい水準での温度管理等にも対応いたします。

リモート商談・蒸気試験対応

試験体を弊社宛に送付頂ければすべて、リモートで試験対応を致します。

リモート蒸気試験とは
弊社では、(スカイプ・ZOOM)等を利用した、リモートでの商談・蒸気試験を実施しています。
試験場所は東京・神奈川となりますが、リアルタイムでの動画配信を致します。
蒸気試験のプレテストや詳細な打合せ等も、遠隔通信にて確認をいただき実施いたします。

こんなときにお薦めです
・会社で外出禁止になっている
・人との接触を抑えて、安全に試験を行いたい
・遠方で東京・神奈川までの出張が難しい
・海外の工場で勤務していて、すべて遠隔で行いたい

試験の流れ
・(スカイプ・ZOOM)等にて、詳細なお打合せ
・お見積(メール)
・プレ試験(センサーや試験ボックス等を遠隔パソコン上でご確認頂けます。)
・試験開始(必要に応じて、リアルタイム配信・動画・画像を、配信し状況確認を頂けます。)
・試験終了(試験データや提出写真等をデータで配信いたします。)

※試験開始〜試験終了まで、すべてリモートワークで解決する事が可能です。
※現在、試験導入中につき、調整が必要の点ご理解のほどお願いいたします。

よくある質問

リモートに必要な機材はありますか?
カメラとマイクの付属した、パソコンがあればすぐに開始可能です。
設定が難しいのではないでしょうか?
難しい設定は必要ありません。弊社よりご案内した方法にてすぐに開始可能です。
遠方ですが可能ですか? 海外ですが対応可能ですか
スカイプ・ZOOM等を利用した、リモート商談・リモート試験にて、日本全国、海外でも対応します。
試験状況はどのように確認しますか?
リアルタイムの画面共有にて、熱電対やセンサー類等の位置を動画で確認頂けます。データロガーの値等も並行して確認していただき、計器位置の指示などをリアルタイムでお打合せが可能です。
リモート試験のメリットはなんですか?
パソコンが1台あれば、複数人(営業・技術担当者)で、お打合せがリアルタイムで可能です。現在の外出を控える状況下でも安全に、ビジネスが推進できます。遠方よりの出張費も抑える事で、費用や時間を削減できます。

お問い合わせ先

お気軽にお問い合わせください。

環境試験受託 対応窓口 株式会社ケイヒン 本社バルブ営業部  「担当」大橋
〒221-0044 神奈川県横浜市神奈川区東神奈川1-1-6
TEL:045-453-1611 FAX:045-453-1619
メールフォームでのお問い合わせはこちら→

特集・コラム一覧に戻る